夏を迎えるその前に! クリーニングの豆知識

某会社さんから購入させて頂いた冊子です。

①表紙

②ドライクリーニングとは?

水を使わない洗浄方法です。衣類の型崩れを防いでくれたり生地にやさしい洗浄方法です。

しかし!!!

汗の汚れは落ちません!

そんなベタベタをとるために、「汗抜き」がオススメ!

水で洗う事でサラサラスーツに仕上げます!
(水に通すとシワができやすくなるので、仕上げがしっかりできるクリーニング店にお任せ下さい。)

③衣類の収納について

特にセーターは虫が大好き!しっかりとクリーニングに出した後で収納しましょう!

包装紙から取り出して通気性をよくし、カビにも気を付けましょう!

④クリーニング店の上手な利用方法

~シミ~ (例)

・ついて一週間以内のシミ⇒まだ生地の表面だけについている可能性が大きいので、比較的とれやすい。

・ついて一ヶ月以上経ったシミ⇒汚れが繊維に入り込んできています。ついたばかりなら落ちるシミも中々落ちにくなります。

・ついて数ヶ月~1年経ったシミ⇒完全に繊維の中に入り込んでしまいます。落ちる可能性はかなり低いです。無理にシミを取ろうとすると、生地の色を剥がしてしまたり、生地自体を痛めてしまう可能性があります。

~色の変化~

同じクリーニング店でも洗剤の量、洗剤の成分、種類、洗い方などで色合いに変化を起こす可能性があります。例えば上下のスーツでもズボンだけ何回も洗ったりしてると色合い風合いが少しずつ変わってきたりする可能性があります。

~壊れやすいボタン、装飾品~

例えば、貝で出来た「貝ボタン」、コートのベルトのプラスチックバックル、その他壊れやすい装飾品、合皮製品、など、洗浄前に最善の注意を払い下処理を行っていますが、それでも物である以上壊れてしまう可能性はあります。

少しでも気になる装飾品があったり、思い出の品など一言お申し付けください。

またどうやって洗うのかなど、なんでもご相談下さい。誠意をもってお答え致します。